インフルエンザの概要と語源



インフルエンザとヒトとの関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っている。最も重大な転機は1918年から1919年にかけて発生したスペインかぜ(スペインインフルエンザ)の世界的な大流行(パンデミック)である。これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数4000万?5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる。スペインかぜ以降も、インフルエンザは毎年継続して感染流行を起こしている。さらに数年から数十年ごとに新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのパンデミックが起こっており、毒性の強い場合は多数の死者が出る。近年は新型ヒトインフルエンザのパンデミックが数十年起こっていないこと、死亡率の減少などから「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。パンデミック化したインフルエンザは人類にとって危険なウイルスである。日本などの温帯では冬季に毎年のように流行する。通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンである。

「インフルエンザ」の語は16世紀のイタリアで名付けられた。当時は感染症が伝染性の病原体によって起きるという概念が確立しておらず、何らかの原因で汚れた空気(瘴気、ミアズマ)によって発生するという考え方が主流であった。冬季になると毎年のように流行が発生し春を迎える頃になると終息することから当時の占星術師らは天体の運行や寒気などの影響によって発生するものと考え、この流行性感冒の病名を、「影響」を意味するイタリア語influenza(英influence)と名付けた。この語が18世紀にイギリスで流行した際に英語に持ち込まれ、世界的に使用されるようになった。なお、日本語となっている「インフルエンザ」は英語読みであり、イタリア語での読みは「インフルエンツァ」である。日本では平安時代に近畿地方でインフルエンザらしき病気が流行したと記述が残っており、江戸時代には幾度か全国的に流行し、「お七かぜ」「谷風」「琉球風」「お駒風」など当時の世相を反映した名称で呼ばれた。古くから風邪、風疫とされるとおり、悪い風が吹いて人々を病気にするという認識があった。幕末にはインフルエンザの名称が蘭学者より持ち込まれ、流行性感冒と訳された。近年、マスコミなどで「インフル」と略した呼称が使われるようになってきている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

結婚相手としての薬剤師を考える

薬剤師は結婚相手としては男女問わずに人気があります。
その理由としては、まずは収入が安定していることが挙げられます。
今は不景気で、いつ、どのようなことが起こるか分かりません。
大企業が急に倒産したり、合併や吸収といった経営統合を図ることもよくあります。
リストラは今や誰にとっても可能性がある話で、「この企業なら絶対に大丈夫」とい うものは存在していません。

そんな中で、薬局やドラッグストア、病院等で働ける薬剤師は現在の日本では不況に 強いと言われており、職を失いづらいと言われています。
実際に薬剤師の募集を見てみると多くの募集があることがわかります
どのような人間でも、家計は安定している方が良いと考えています。
ですので、伴侶が薬剤師であれば心強く、また安心できるということから結婚相手と して人気が高くなっています。

また、薬剤師が伴侶として喜ばれる原因として、その専門知識が挙げられます。
現在、日本で生活をしている人間で、「薬を一度も使ったことがない」という人はほ とんどいません。
それくらい薬剤は我々の生活にとって身近な物となっており、その専門知識があると いうことは、家族が病気、または怪我をした際などに、的確に薬が使えるということ です。
今は身内の介護などで家で薬を使う機会も多くなっているので、そのような知識を持 つ人間が家庭内にいるということは非常に大きなメリットです。
また、薬剤師という職業は、危険が少ないことも伴侶として人気が高い原因となって います。
いくら高い収入があっても、伴侶に危険な仕事や、遠方への出張が多い職業にはつい て欲しくないと考える人も沢山います。
その点、薬剤師は業務中に肉体的な危険にさらされる事がなく、伴侶としても安心し て職場へ送り出すことが出来るのです。

コレステロールの概要

コレステローールは血液中に多くありますが、それ以外にも脳・脊髄・副腎・小腸・筋肉などにも含まれますが、このコレステロールの量がコントロールできなくなってしまうと、重大な病気を引き起こす事になりますので、意識してコレステロールの摂取をする必要がありますね。

青汁の概要

青汁とは一般的には「緑黄野菜をすりつぶしたもの(野菜の絞り汁)」の総称です。材料によりさらにケール青汁や緑茶青汁など様々な青汁がありますが、そのほとんどが栄養分や食物繊維を豊富に含んでいますので、不足しがちな栄養分や食物繊維を飲むだけで簡単に補給する事ができます。青汁人気ランキングで選ぼう!